ストップザ盗聴 セキュリティ化と暗号の歴史

盗聴を完ぺきに遮断することができるだろうか

1

科学技術が発展して人類の生活ははるかに便利になったが人が誰かが私の話を盗み聴くかも知れないという不安感も共に大きくなった。 通話や対話の内容を横から盗み撮る‘盗聴’である。

 

TVドラマでは秘密がもれることを防ぐために、あたりが開けた公園やベンチを探して情報を交換する場面がたびたび登場する。 家電話や携帯電話でない公衆電話で通話しろとの指示を与えたりもする。 このようにすれば外部からの盗聴を防げようか。

 

結論から言ってみれば‘防げない’。
技術は昔のトレンディドラマの時代で止まっていないでかなり発展しているので、いかなる方法も‘完ぺきに隠ぺいして’話すことはできない。

 

今日は盗聴を成功裏に防いだとしても明日ならまた他の技術が登場するだろう。その上盗聴は当事者が分からない間に隠密に進行されるので、それに膨大なコストをかけて備える余裕を持つのが現実的には難しいのである。

 

盗聴を防ぐための簡単な手だて

 

盗聴を遮断するための方法は多い。
電波もレーザーも通過できないように数十センチメートル厚さの鉛を箱のように作った部屋に入れば良い。しかし正常な活動も不可能だ。外部と連絡をしようと通信網を構築する瞬間から再び盗聴の危険に露出する。盗聴を防ぐ最善の方法は用心深さと何重もの多角的な対策を備えることだ。

 

(おまけ)ビッドコインの暗号化の原理解説

 

ビットコインは2009年に‘中本哲史 ナガモトサトシ’という匿名のプログラマーによって開発された仮想の貨幣であり、この貨幣が作動する理論方式だ。簡単に言えば「石ころでチョコを買う」「花びらでコメを買う」といったように、実際のお金ではないが物を買ったりサービス利用料を決済できる“一定のルールに基づいた貨幣”だ。

 

ところで、このようなお金とビットコインの最も大きい違いは発行量だ。
現実世界で使う実物貨幣は貨幣の総量を調節する銀行がある。例えば我が国の場合、日本銀行がそのような銀行だ。しかしビットコインは使い道はあるが、発行所や流通量を調節する管理機関がない。すなわち、ビットコインは誰でも発行できて誰でも使用できる新概念の貨幣だ。

 

私たちは銀行を通じてお金を振り替えたり、私たちの国のお金を他の国のお金に変えるには手数料を出さなければならない。 さらに取り引きしている銀行の私のお金を他の銀行が運営するATM機器を利用して引き出す時も高い手数料を支払う。

 

反面ビットコインは銀行や両替所を経ないで当事者どうし直取引をするので、手数料が低かったり、ないという長所がある。だが、サイバー空間で直取引は、お金は支払ったが物を送らないような事故と詐欺の危険がともなう。

 

したがって仮想の貨幣であるビットコインで取り引きをする時は必ず取り引きに対する信頼が必要だ。 それならビットコインを暗号化下は方法にはどんなものがあるのか調べてみよう。

 

コンピュータのような電子機器を利用した通信環境は、許諾を受けなかった攻撃者が通信中である情報を盗聴して変調したり他の内容を挿入または、削除することができる。

 

このような問題点を解決する最も安全な方法は情報を暗号化することだ。 暗号化された情報を本来のとおり戻すのを復号という。 情報暗号化の方法は大きく秘密鍵方式と公開鍵方式がある。

 

秘密鍵方式は送ろうとする情報を暗号化する時、暗号化下は鍵と復号下は鍵が互いに対称だ。すなわち、情報を送る側でも受ける側のうちで一つの鍵だけ分かれば他方の鍵が分かる。

 

盗撮・盗聴とは全然関係ないですけど、この枠ではその時々の時流に乗った話題のピックアップ&情報提供をしていきます。

 

アヴァンセ弁護士事務所では遺産相続にも力を入れています。
相続税の申告。相続税は2015年から実質的に増税となります。影響を受ける人は相当数に上り、多くの税理士、弁護士が同分野に乗り出しています。まず第一に、相続税対策は事前に専門家の意見をしっかりと聞き行うのがよいでしょう。単純に税金が多くなるのか?それとも専門家への手数料を払ったとしても得になるのか、その辺を踏まえて考えてみればいいでしょう。