盗聴を防止するための具体的な手順

盗聴を防止するための具体的な手順

1

盗聴対策は把握→点検→探知→処理→防止の5段階で分けて進める。現存する盗聴技術を把握して自身の弱点を分析した後、周辺を探知して盗聴装置を処理して再発を防止する順序だ。

 

最初の段階では現在いかなる盗聴技術が存在するのか‘把握’する。

 

盗聴は大きく直接盗聴、有線盗聴、無線盗聴、インターネット盗聴、遠隔盗聴に分かれる。直接盗聴は人のからだや特定物にマイクを付着させて音声対話を録音または、転送する方式だ。これを除いた残り方式は間接盗聴と呼ばれる。

 

間接盗聴中有線盗聴は通信線に連結された固定電話の内容を横取りして家庭、事務室、企業と同じ決まった場所の情報を取り出す時利用する。 無線盗聴は携帯電話または、無線機など暗号化されなかった周波数を利用する通信媒体を攻撃する。

 

インターネット盗聴は音声通話でないコンピュータや電子機器を通じて行き来する情報を奪取して解読する方式だ。コンピュータに悪性プログラムを植えて直接取り出したり無線インターネットの電波を覗いて見て必要な情報を選び出したりもする。携帯電話を忘れてしまったとして、他人にしばらく携帯電話を借りて盗聴用プログラムを植える事例もあるので、素性の分からない人には個人のスマートフォンを渡さない方が良い。

 

遠隔盗聴は通信網が連結されていなかった状態でも対話や情報を取り出す技術で最近開発され始めた。代表的には赤外線レーザーを発射して音波の変化を測定する遠隔音声盗聴がある。目に見えない赤外線レーザーを500m以上落ちたところで発射するので盗聴の有無を知るのが容易でない。