盗聴を防止するための具体的な手順その2

盗聴を防止するための具体的な手順その2

二番目段階では盗聴の防止策としてどんな手段を用いているのかを自身で‘点検’する。家や事務室の固定電話は盗聴が容易なので、誰にも知られたくないような極秘な内容は話さない方が良い。

 

暗号化されていなかった周波数を使用する無線装置も同じだ。携帯電話は一般の人たちが盗聴しにくいが特殊装備を使うならば不可能でもない。 パスワードなど重要な事項は音声でない文字列で伝送することが比較的安全だ。

 

悪性プログラミング設置されているならばスマートフォンやコンピュータ全部盗聴の危険がある。コンピュータ用ワクチンや探知プログラムを実行して誰か内情報を取り出さないか周期的に点検しなければならない。

 

無線インターネットを使う時は共有機に必ずパスワードを設定するものの、その中でもセキュリティ突破のハードルが高い方式を使わなければならない。

 

1234またはabcdのように単純なパスワードを使えば、見知らぬ人が接続して、その端末の情報を覗いて見ることができる。 文字と数字を混ぜて設定した方が良いがとても複雑なる。忘れてしまわないように個人的な思い出がからまって簡単に思い出させることができる文字と数字を一つでかき混ぜて結合させるのも方法だ。