盗聴を防止するための具体的な手順その4

盗聴を防止するための具体的な手順その4

最後の段階では前の段階を周期的に繰り返して盗聴危険を‘防止’する。
だが、念頭に置いておきたいのは防止技術が発展すれば即座に新しい盗聴技術が登場するので基本的に防ぐことが不可能だということ。

 

人がコストをかけてでも知りたいと思うような価値がある情報は音声通話やメッセンジャー対話を通じて話さないでファイルで作成して別途の暗号を歩いて伝送するのを推薦する。

 

情報泥棒を防ぐ完ぺきな方法はない。

 

ただし色々対抗策を講じて、時間をかけさせるほど、発覚したり逮捕される確率も高まるので情報泥棒の侵入を減らすことはできる。このようにセキュリティーが強化されるほど盗聴を仕掛ける側の状況が悪くなるはずだ。

 

なので、面倒でわずらわしいという理由でセキュリティー装置を粗末にしておいてはいけない。 コンピュータをつける時やインターネット接続する時使うパスワードが流出しないようにして、価値ある情報をやりとりする時は多段階のセキュリティー対策を必ず経てこそ初めて意味がある。